ルイボスティーへのこだわりと特徴

ふくちゃのルイボスティーは、おいしくお召し上がりいただけるように
最高グレードの茶葉を使用しており、さらに品質を保つため、農場指定で調達しています。

農場指定には2つの理由があります。

ルイボスティー

1つは品質のため。

茶葉は農作物ですから、
1年365日同じ品質にすることはとても大変なこと。
でも、「毎日同じおいしさをお届けしたい!」
そう思って、その想いを共有できる農場とともに、
変わらないおいしさをお届けしています。

南アフリカで頑張って生産している人たち

2つ目は、フェアトレードのため。

「フェアトレード」ってご存じですか?
フェアトレードとは直訳すると「公正な取引」という意味で、
南アフリカで頑張って生産している人たちに、
私たちのお金がきちんと届くところと取引をしています。
それは、一生懸命頑張っている人たちとともにおいしいお茶を
提供したいと思っているからです。

ふくちゃのルイボスティーの特徴

クラシックグレード茶葉

茶葉

契約農場で最も厳選された、最高品質の「クラシックグレード茶葉」を使用。
茶葉を袋詰めする際には最新鋭の機械を使用し、抽出率を高める工夫を行っています。
また、雑味のない穂先を多く使用しているので、上品な味がお楽しみいただけます。

無農薬

安全性

毎日口にするものだから「安心できるものがいい」と思うのは当たり前。
ルイボスは害虫が付かないので、農薬や化学肥料に頼っておらず、
自然の力だけで育っています。また、ふくちゃでは独自に
水銀・微生物などの品質検査も行っています。

ティーパック

ティーパック

ティーパック加工は日本で行っています。パルプ由来の袋には
漂白剤が含まれているため使用せず、健康のことを考え不織布を採用。
味・色・香りが溶け出しやすい形にしています。

毎日がぶがぶ飲んでほしい、そして健康のために長く続けて欲しい。
だからこそ味と品質にこだわり、安全面に妥協はしません。

それは何よりも、私たちふくちゃのスタッフが<br>「家族みんなの健康」を常に考えているからです。